心の備忘録

昨日久しぶりに曲ができた。
曲作りに励んでいて、なかなかできずにいたのに全く欠片もなかったところからほぼ1曲できてしまった。


普段あまり書かないようにしていることを備忘録として書いておこうと思った。


ここ数日 心のどこかがずっと痛んでいて
身体の奥の芯のところに冷たい重りみたいなものを感じていた。
今も。

ずっと報道され続けていた今回の事件からはじまり、色んなことの色々を感じているからなのかと気づいたのは今日になってだった。

最近テレビを見ないでいたけれど
久しぶりにつけてみたら
怒りや不安に溢れていて
そして感動的な涙を誘うようなものにも溢れていて。

facebookでも
顔の知らない誰かが言うところの「報道されない真実」や顔の知らない誰かがアップしたドラマや小説のような「泣ける話」に溢れていて。

たくさんの誰かの思惑に色付けされた情報が垂れ流しになっているという意味ではテレビもネットも変わらないのかもしれないなと思う。

誰もが
不安の矛先や真実を見つけたがっていたり、正義を信じたがっていたり、感動したがってる。

私もなんだか言いようのない不安に包まれてしまってる。
この感覚は2001年の9月11日の時と少し似ているかもしれない。

自分の力ではどうにもできないような巨大な力の流れや、紙一重の生死の分かれ道の理不尽さ、人の悲しいまでの繰り返される負の連鎖に呆然とする。
そして自分のちっぽけさと虚無感。

あの時は今ほどではなかったけれど、うたは唄っていた。
でもなんだか勝手にくらってしまって、少しだけ唄うことから遠のいて、それからボランティアしたりNGOのワークキャンプに参加したりして、その後、福祉の仕事に就いた。

あれから自分と出来事や他者をなるべくちゃんと分離して
見つめることと感情に憑依されることの違いに気をつけて
勝手にくらってしまわないようにこころがけて
それができるようになって来てた。
大人になったのかもしれない。

でも今回はなんだかずっしりと何かを受け取ってしまっている。

それをどうしていくかは自分次第なんだな。

音楽を通してここ最近、中東の情勢や文化や思想、宗教に触れたり学んだりすることがあったから前より少しわかるようになっていたけれど、
もうちょっと中東のこと、宗教のこと、
それ以外にも世界が、日本が抱えているたくさんの問題のこと、
垂れ流しで入って来た情報を見て知った気になるのではなくて自分からきちんと探しにいって、知ろうと思う。

そして心に静けさと柔らかさを持っていたいと思う。
一生懸命さは時に、不安や怒りと同じように、思わぬ方向へ煽動されてしまうことになるから。

手の届く場所もしっかり大切にしていきたいと思う。
そこから目線を広く向けて。


世界中から 命のやりとりがひとつでも減るように。

名もない人々の 争いを誰かが笑って見てることのないように。








コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

twitter

recommend

new entries

archives

recent comment

  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    gen
  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    あみ
  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    あみ
  • 7月ライブスケジュール
    たくろー
  • Song Of The Earth プロジェクトのこと
    az3
  • ARTh camp & APAKABAR
    ケンイチ
  • 旅の終わりはNatty
    りつこ
  • おおつごもり
    千尋
  • おおつごもり
    りつこ
  • 命を想う夜
    りつこ

recent trackback

links

profile

書いた記事数:309
最後に更新した日:2017/03/17

search

others

mobile

qrcode