2019年6月 3daysツアー

6月21日(金)静岡 菊川 Pony's Toy

もう10年以上になる菊川との間柄。
もともとはPony's Toyの近くにあるヴィンテージの洋服たちを扱っているセレクトショップSTUD MUFFINで
まだCDをリリースする前にも関わらず盛大にワンマンライブをやらせてもらってからの間柄。

そこから今までMUFFINでもPonyでも何度も何度もライブさせてもらったし
立ち寄らせてもらったし
純粋に遊びに行ったりもしたし
2009年にはMUFFINが主催した菊川一揆というフェスにも出演しました。



Pomyでのライブは6年ぶり、菊川でのライブは4年ぶりのライブでした。
そんなに経っているような感じがしなかったけれど
この日の想いはやはり特別で胸がいっぱいで
色んなことを思い返しながらのライブになりました

ツアー初日ということと想いの高まり故 1stステージはやや緊張&硬めだったけれど
会場を包むあたたかなみんなのおかげで2ndステージは柔らかさと笑いも出てきて
最後の方は落ち着いてしっかりと想いを乗せることができた気がします。

もう何度あの場所で あの街で あの唄を唄っただろう。
今年で1stアルバム「うたうため」をリリースしてから10年。

その前から今も尚「おかえり」「ただいま」と言いあえる場所は
そうたくさんあるわけではなくなってきているので 
やっぱり特別です。
また必ず帰るからね。

お互い歩み続けるその先でまたこんな瞬間を重ねていこうね。


Ponyのブログで当日の模様を素敵な写真と共に記録してくれています。


(photo by 純さん)

https://ponystoydiary.hamazo.tv/e8494467.html

後日、動画もできる予定なのでそちらはまた。




6月22日(土) 大阪 塚本 Najica

こちらは3年ぶりの大阪、そしてNajica。
Najicaは3回目かな。4回目?
オシャレだけどどこかあたたかいこの場所がなんだか好きなのです。
そしてご飯がおいしい。
カレーは飲み物かのごとくライブ後の体を優しく労ってくれました。


そしてこの日のハイライトはなんと言っても店主ケンジくんとのセッション。
ベースを始めたというケンジくんに急遽「ずっと」という曲で参加してもらいました!
こんな日が来るなんて夢にも思わなかったけれどもこんなこともあるんだね。
ドキドキ感も伝わりつつ 楽しくて ケンジくんという人と今まで以上にグッと近づけた夜でした。

最後の最後にちょっとしたハプニングもありつつ
やっぱりこの日も前日とは違うとてもドラマティックな夜になりました。

(photo by エイジくん)

ケンジさん、ジェイ兄、エイジくん、チュウさん率いるチームハワイ庵もありがとうございました!

翌日の塚本の商店街で遅めの朝食に入ったお店がこれまた最高でした。


おかず食べ放題、ご飯、味噌汁付きで600円という驚き下町価格!
ママも「いっぱい食べて〜」と言ってくれて
午前中から常連さんが何人も飲んでいて
お好み焼きも美味しくて Najicaライブ後の朝食の定番になりそうでした。





6月23日(日)滋賀 長浜 縄

昨年4月の「縄の市」以来の縄。
築100年になる古民家の
きっと秘密の魔法がかけられているに違いないくらい美味しすぎて絶妙すぎるカヨさんのご飯と
粋でお茶目でかっこいい大先輩 菊りんと看板犬キューちゃんがいる大好きな場所。






ここの何もかもが好きですと言えるくらい素敵な場所なのだけど
今回は改めてじっくり見た本棚に 自分の好きな本と 興味深い本たちに溢れていて
これまた嬉しくなりました。
人の本棚ってその人の人柄や思想や食事の好みから色んな好みがわかるから見るのが好きなのだけど
そこに並んでいるものが自分も好きなものが多かったりすると 
密やかに喜びと好感度が増していくのを楽しんでいます。

ライブは3日目にして使い込まれて良い味と開き具合を見せてきた身体と声と
グッと馴染んできた井咲くんとの呼吸感とが冴えながら
各地で会えたみんなからもらった色んな想いやエネルギーが溢れたものになりました。

(photo by ともさん)

特に井咲くんのソロギターコーナーは本当に素晴らしかったなぁ。
純粋にギターの演奏だけであんなにも豊かで鮮やかな表現ができてしまうのか。
圧巻でした。

足を運んでくれたみなさんもとっても柔らかくオープンな方々ばかりで
縄は大家族の大宴会みたいになっていて 今思い返してもじんとします。


今回のリリースしたカバー音源「うたかた」に収録されている
「この道」「星めぐりの歌」が築100年のこの家屋に響いていくのが
なんとも心地良く感慨深いものがありました。
ライブ後の打ち上げでは平山ケンタくんもちょこっとだけ唄ってくれて
久しぶりのその唄もギターも素晴らしくて
大阪のラッパーの方のフリースタイルもとってもカッコよかったなぁ。
そして人間ジュークボックスのポテンシャルの高さが際立って
打ち上げもいつもながら贅沢であ〜〜~ったかい時間でした。

翌日はおいしいお蕎麦と長浜土産に老舗の油屋さん 焼き鯖寿司 叶匠寿庵に寄り(これまたどれも本当においしいわけです)

帰路に着きました。

当然ながら数日間は抜け殻気味だったわけですけども・・



今回久しぶりに3日間のツアーに出て
各地で濃厚な出会いと再会を繰り返して
やっぱり色んな街に 色んな人に会いに 唄いにいくって
本当に学びと喜びと 何より唄い続ける理由や 原動力をもらえるなとつくづく。
母親になって3日間家を空けるというのは 1日空けるというのも簡単なことではなくて
毎回毎回葛藤を繰り返しながら 自問自答しながら
協力してくれる家族に感謝とどこか申し訳ないような気持ちも抱えながら
何よりまだ小さな我が怪獣さんに言葉にしきれない色んな想いを胸いっぱいにしながらなのだけど
これからもそんな自問自答や葛藤を繰り返しながら
私と私の家族なりのやり方で できるかぎり
唄い続けて 色んな街の色んな人に会いに行き続けていきたいと思いました。


菊川 塚本 長浜で会えたみなさん
あたたかく迎えてくれたみなさん
本当に本当にありがとう。


また いい顔して 当たり前のように会えますように。





コメント
千尋ちゃんの綴る言葉も言霊も、優しい歌声もメロディーも大好きです。

子どもと離れる時間は、葛藤と後悔と反省と不安と後ろめたさとのネガティブな感情に振り回されることがあるの、分かります。
でも子どもは大きくなったらきっと、自分を言い訳にママには好きなことやめて欲しくないと思うと思います◯
私は続けられれば良かったな、と思うことが多々…
母としての人生も、自分としての人生も、両方大事にして生きたいね。

また千尋ちゃんの唄、聞きに行きます。
心の中の行く行く詐欺にならないように。笑

しみったれた文になっちゃったけど!
良い顔して、当たり前のように会いたいでーーーす!!!

らーーーーーぶ♥


  • うっちー from石巻
  • 2019/06/29 1:13 AM
うっちー
あぁ‥泣けてしまったよ、先輩母ちゃん。
今しかない小さな時期に音楽の仕事も続けることにいつもいつも葛藤してます。
世の母ちゃんはみんなそうなのかもしれないね。

まだ母ちゃんになってから会えてないね!
私も石巻に、東北に、行きたいよーーーーー!
  • 千尋
  • 2019/07/02 10:53 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

twitter

recommend

new entries

archives

recent comment

  • 誕生日
    みきこ
  • 2019年6月 3daysツアー
    千尋
  • 2019年6月 3daysツアー
    うっちー from石巻
  • 舞台に向けて
    いより
  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    gen
  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    あみ
  • 6/15水に3rdアルバムリリースします!!
    あみ
  • 7月ライブスケジュール
    たくろー
  • Song Of The Earth プロジェクトのこと
    az3
  • ARTh camp & APAKABAR
    ケンイチ

recent trackback

links

profile

書いた記事数:323
最後に更新した日:2019/08/09

search

others

mobile

qrcode